私たちは、オウンドメディアによってマーケティング活動に火をつけるプロフェッショナル集団です。

ビー・オー・スタジオが考える「オウンドメディア」の定義
ウェブを中心に自らコントロールができる媒体すべて / それら媒体を通じて想定する顧客と接点が創られている / 顧客にとって心地よいコミュニケーションが創られている / マーケティング活動の一端を担う仕組み化されたプラットフォームである
  • ワークショップ・市民協働型で情報を発信する

    埼玉県草加市

    どういったコンテンツや機能があると利便性が高まるのか、根本的な内容を含め、利用者視点のワークショップを開催することでサイトの方針を定める方法を提案。

  • 独自コンテンツによって情報の質を変える

    埼玉県

    利用者にとって有益となる情報を提供すべく、行政情報だけではなく、埼玉県ならではの魅力的なサービス、環境伝えるために新たなコンテンツを定期的に拡充することを提案。

  • ブランディングを軸にマーケティングを向上

    株式会社北洲

    事業拡大のために、ウェブサイトをマーケティング視点で積極活用し「商圏ごとの知名度」「問い合わせ」の2達成することを重要ポイントとして具体策を講じる。

  • PRによる情報発信で認知、集客する

    株式会社ねむログ

    ウェブだけではなく、第三者視点による評価、発信となるPRを認知、集客施策の中心にすることで広告は特定範囲エリアのみ展開しコストは最小限で展開。

  • 対象ユーザーを明確にした情報設計

    日本赤十字社 石巻赤十字病院

    サイト全体の構造に矛盾があり、その統合・整理が必要となり、ユーザー毎の切り口で誘導していく導線設計・石巻赤十字病院を特徴づける差別化コンテンツの設置を実装。

  • 集客と通販サイトへの送客をスムーズに連携

    日本リユースシステム株式会社

    利用想定ユーザーに共感と安心を打ち出し、購入までのハードルを下げる充実した情報をPCのみならずスマートフォンで閲覧できるサイトが必要であることを提案。